RSS

【花鉢】カラー 濃い紫色5号* 個性的な色合い* 母の日の贈り物に最適



商品説明

■花言葉■
---

■商品紹介■
カラーの仲間は、南アフリカに6〜8種類程度の原種があり、このうち湿地性のエチオピカを除いたほかの種類は、水はけのよい草地や岩場などに自生し、畑地性カラーと呼ばれます。生育には水分を必要としますが、過湿や滞水は好みません。黄花のキバナカイウ(Zantedeschia elliottiana)や桃花のモモイロカイウ(Z. rehmanniii)などがあり、これらの交配によって多数の園芸品種が作出され、花色が豊富なことも特徴です。湿地性と異なり、生育期と休眠期がはっきりしていて、春から夏に成長、開花し、秋以降は葉が枯れて休眠します。球根を掘り上げて春まで貯蔵することもできます。すらりとした草姿で、葉形は三角形のやじり形から細長いほこ形まであり、花の形(苞の形)も細長いものから広い漏斗状まで幅があります。苞の質はやや堅く、湿地性は花が終わると苞が枯れますが、畑地性のものは、緑や褐色に退色しても形はしばらく残ります。花壇や鉢物、切り花として利用されています。

■商品仕様■
  • 正式名称
  • カラー
  • 科:属名
  • サトイモ科 / オランダカイウ属(ザンテデスキア属)
  • 原産地
  • 使用用途
  • 母の日 開店祝い 新築祝い 引越し祝い 結婚祝い 贈答用 ギフト
  • サイズ(幅×奥行×高さ)
  • 250 × 250 × 500
  • 鉢の大きさ
  • 5号
  • 鉢仕様
  • プラスティック鉢
  • 管理方法
  • 共通 日当たりの良い場所で育てますが、真夏だけは直射日光を避けます。日当たりが極端に悪いと花が咲かないことがあります。地植えは日除けネットやよしずで日除けを行い、鉢植えのものは半日陰の場所におきましょう。夏に日除けをするのは土の高温多湿を避けること、乾燥防止です。特に畑地性は高温多湿に弱いので気温の上昇に気をつけましょう。 湿地性  霜の心配がない暖地なら、庭植えはそのまま冬越しが可能です。凍らせなければ球根は掘り上げる必要はなく、地面に腐葉土や土をかぶせて保温すればよいでしょう。寒冷地ではできれば掘り上げて貯蔵します。鉢植えはそのまま室内に移動させます。環境が合えば、数年間植えっぱなしでもよく育ちます。 畑地性  寒さに弱く地植えの冬越しは困難です(一部、暖地では可能)。鉢植えはそのまま室内に移動させます。庭植えは11月頃に葉が枯れてきたら掘り上げて、乾かさないように軽く湿らせたおがくずや水ゴケにくるんで凍らない場所で春まで貯蔵しましょう
  • 水やり
  • 共通  肥料は球根を植え付ける際に、ゆっくり効くタイプのものを土に混ぜ込んでおきます。追肥として4月〜6月の間、月1回のペースで、固形の肥料を適量株元に施します。 湿地性  やや湿り気のある土を好むので、土の表面が乾きかけたらたっぷりと水を与えます。水をやる際は上からかけずに葉や茎をどけて株元にそっと与えるようにします(葉や茎に水がかかると傷みやすいので)。乾燥させると生育が弱って花が咲かなくなりますので注意しましょう。生育期の鉢植えは乾かさないように受け皿に水を張っておいてもよいでしょう。冬も極端に乾かさない程度に水を与えますが、晩秋に葉が枯れて休眠に入った場合は、水やりをストップします。 畑地性  春〜秋の生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。常に土がじめじめ湿っているような状態にすると球根が腐りやすいので注意が必要です。
  • 育てやすさ
  • ★★★★
  • 温度
  • 越冬温度は10℃以上

【花鉢】カラー 濃い紫色5号* 個性的な色合い* 母の日の贈り物に最適

価格:

3,980円 (税抜 3,685円)

[ポイント還元 39ポイント〜]
メッセージカード:
ラッピング:
メッセージカードに入れる文章(全角30文字以内):
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


ページトップへ