RSS

【観葉植物】フィカス ベンガレンシス10号鉢化粧プラスティック鉢植え(皿付き)ベンガル菩提樹(ベンガルボダイジュ)



商品説明

■花言葉■


■商品紹介■
ベンガレンシスも立派なゴムノキの仲間で、ウンベラータやアルテシマと並んで ゴムノキ御三家と言ってもいいほどに人気のある観葉植物の一つです。 白い幹、卵形の葉、白い葉脈など落ち着いたルックスが部屋に馴染みやすいのでしょう。 葉の表には細かい毛が生えているのも特徴。 原産地のインドにあるガンジス河の河口付近にあるベンガル地方にちなんで ベンガル菩提樹(ボダイジュ)と呼ばれています。 こいつもまた絞め殺し植物ですから、たくさんの気根を出してどんどんと大きくなっていく様は まるで森みたい!!一人民族大移動、人間山脈みたいなほどに大きくなりますよ。 熱帯地方で路地植えになっているものは、なんと高さが30m!にもなるという大きさ・・・!!

■商品仕様■  
  • 正式名称
  •  フィカス・ベンガレンシス
  • 科:属名
  • クワ科 フィカス属 非耐寒性常緑高木
  • 原産地
  • インド・東南アジアなど
  • 使用用途
  • 開店祝い 新築祝い 引越し祝い 結婚祝い 贈答用
  • サイズ(幅×奥行×高さ)
  • 700× 700 × 1800
  • 鉢の大きさ
  • 10号
  • 鉢仕様
  • プラスティック化粧鉢植え(皿付き)
  • 管理方法
  • ゴムノキの中では成長が遅く、室内管理では大きくなりづらい。インド原産ではあるが、あまり耐寒性が強くないので冬季はなるべく 10℃以下になるような場所には置かないように気を付ける。 耐陰性は普通ではあるが、葉が大きいために落葉すると非常にみすぼらしくなる為、 あらかじめ明るい場所へ置く方が良い。 明るい所から暗い場所へ移動する場合、一気に移動するのではなく、徐々に馴らしてから 時間をかけて移動すると落葉しづらくなる。(1週間程度は場所を移動しないようにする。) 移動する場合・・窓際の明るい場所→部屋中央の明るい場所→部屋奥の隅    (一つの場所に最低1週間は置き続けてから移動すること)    移動した後、葉が黄色くなってしまったら、すぐに元の場所へ移動する。
  • 水やり
  • 夏場は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。 冬の水遣りは控えめでよく、土が完全に乾いてから与えるようにします。 乾燥するときは、葉水を与えるとよいです。葉水を与えることで害虫予防にもなります。 肥料の与え方は生育期の5~9月の間に観葉植物用の置き肥などを2ヶ月に1回くらい与えます。 また置き肥の代わりに2週間に1回くらい液体肥料を与えてもよいです。 冬(気温が15度を下回ると)は生育が鈍りますので、肥料を必要としません。
  • 育てやすさ
  • ★★★★★
  • 温度
  • 10℃以上

【観葉植物】フィカス ベンガレンシス10号鉢化粧プラスティック鉢植え(皿付き)ベンガル菩提樹(ベンガルボダイジュ)

価格:

13,800円 (税抜 12,777円)

[ポイント還元 138ポイント~]
メッセージカード:
ラッピング:
メッセージカードに入れる文章(全角30文字以内):
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


ページトップへ