RSS

【観葉植物】希少品種クロトン・タマラ7号プラスティック化粧鉢植え



商品説明

■花言葉■
---

■商品紹介■
葉に斑が入り見た目も涼しげなタイプです。 カラフルな葉色と葉形の変化が魅力のクロトンは、トロピカルな雰囲気を演出できる植物として、夏に欠かせない植物です。ミニ観葉から大鉢などで年間を通して楽しめるほか、夏花壇にも植えられます。新葉がカラフルできれいなものが多いのですが、下葉はその派手さがなくなってしまう(後[のち]くらみ)ものも多く見られます。

■商品仕様■
  • 正式名称
  • クロトン・タマラ
  • 科:属名
  • トウダイグサ科
  • 原産地
  • マレー半島、太平洋諸島
  • 使用用途
  • 開店祝い 新築祝い 引越し祝い 結婚祝い 贈答用
  • サイズ(幅×奥行×高さ)
  • 360 × 360 × 880
  • 鉢の大きさ
  • 7号
  • 鉢仕様
  • プラスティック化粧鉢植え
  • 管理方法
  • クロトンは日によく当てれば当てるほど葉の色が濃く、鮮やかになるます。一年を通してよく日光に当てるようにします。逆に日当たりが悪いと、葉の色が薄くなったり落葉する場合もあります。例外として”アケボノ”という品種は真夏の直射日光に当てすぎると葉が紫色に変色して美しくなくなるので注意が必要です。  寒さには弱いので冬は室内に取り込んで、室内の日当たりの良い場所で育てます。10度以上の気温があれば大丈夫ですが、あまり暖房の効いた部屋で管理すると、乾燥して葉が落ちてしまいます。また急激な温度変化でも葉が落ちることがあります。
  • 水やり
  • 生育期の5~10月は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。特に真夏は乾きやすいので水切れさせないように回数を増やします。10月から5月は生育が緩慢になるので水やりの回数を控えめにし、鉢土の表面が乾いて2日ほどたってから与えるようにします。一年を通して葉に霧吹きで水を与えるようにします。これは生育期にハダニの発生をおさえることになり、冬は乾燥を防止するために必要な作業です。   生育期には2ヶ月に1回、ゆっくりと効く固形の肥料を与えます。「観葉植物の置き肥」のようなものが市販されていますので、それを利用しましょう。液体肥料を与える場合は、10日に1回の割合で与えます。肥料は冬には与える必要はありません。
  • 育てやすさ
  • ★★★★★
  • 温度
  • 越冬温度は10℃以上

【観葉植物】希少品種クロトン・タマラ7号プラスティック化粧鉢植え

価格:

6,600円 (税抜 6,000円)

[ポイント還元 66ポイント~]
メッセージカード:
ラッピング:
メッセージカードに入れる文章(全角30文字以内):
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


ページトップへ